[紙幣計数機]
新紙幣リリース後の
ソフトウェアアップデート、
本当に大丈夫ですか?

JETCHECKERコラム編集部

新紙幣対応について

2024年1月19日更新

2024年7月3日に新しい紙幣の流通が始まります。
予定通りに新しい紙幣の流通が始まった場合、対応ソフトウェアを2024年7月下旬〜8月初旬にリリースします。

新紙幣発行記念キャンペーン開催中

特別価格で販売中 (2023/10/31ご注文分まで)

2024年発行新日本紙幣

インバウンド観光客の急増に伴い、外貨に対応した紙幣計数機の需要も増加しています。市場では多くの製品が販売されており、多くの外貨両替店は「対応する通貨の多さ」と「価格」で製品を比較しているようです。ここでは、重要だが見落とされがちなもう一つの観点、「新紙幣が発行された後のアップデート」についてお知らせします。

新紙幣アップデートとは何か

新紙幣アップデートとは何か

日本では、2024年に2,000円札を除く紙幣の刷新が行われる予定です。紙幣の刷新は20年ぶりのことであり、20年前では実現不可能だった偽造防止のための新たなテクノロジーが盛り込まれる見込みです。このような紙幣のアップデートは定期的に、世界中の通貨で行われています。

紙幣が刷新されると、当然、紙幣計数機も対応が必要となります。具体的には、紙幣計数機の中に入っている「紙幣を検出するためのソフトウェア」をアップデートし、新紙幣の情報を追加する必要があります。ソフトウェアを更新しなければ、新紙幣にはいつまでたっても対応できないので、この新紙幣対応は紙幣計数機メーカーにとって欠かせないアクションといってよいでしょう。

新紙幣対応のためのソフトウェアアップデートは、おおむね2つの方法で行われます。1つは、USBやSDカードなどのメディアに、新紙幣に対応したソフトウェアを入れ、物理的にアップデートを行うという方法です。もう1つは、紙幣計数機をインターネットに接続し、新紙幣対応ソフトウェアをダウンロードするという方法です (パソコンやスマートフォンのソフトウェアアップデートと同じ方法です)。

アップデートしたソフトウェアをインストールし、紙幣計数機を再起動すれば、新紙幣への対応完了です。再起動後、すぐに新紙幣の判別が可能となります。