紙幣計数機ジェットチェッカーで違算対策

レジの違算にお困りですか?

JETCHEKER SQ

毎日膨大な量の時間と人件費が
違算解決のために費やされています

昨日の精算業務に店舗全体でどれくらいの時間がかかったか思いだせますか?
レジチェッカー業務で最も重要な作業のひとつである点検・精算業務。このとき発生する違算金は小売業経営者にとってなかなか解決しない悩みの一つです。
1台のレジの点検・精算にかかる時間は、違算金が発生しなかった場合で5分~15分。違算金が発生した場合はその何倍もの時間がかかります。

ほとんどの違算は無くすことが可能であると知っていますか?

ここではジェットチェッカーを使った違算を無くす手順について説明します。
ジェットチェッカーがあれば、どのお店でも・誰でもできる簡単な方法です。この方法で違算発生頻度は確実に減少します。
この特集を読み終わる頃には、点検・精算にかかっていた時間が劇的に減少している様子を想像できているはずです。

質問

違算対策、まず何から始めますか?

レジ キャッシャー

違算対策の基本はドロワ内の正確な現金有高の確定にあります。
基準となるドロワ内の現金総額が不正確なままでは、違算・差異の原因を探ることはできないからです。
手計算による現金計数はどうしても間違いが発生します。計算間違いの疑いがあるなかで現金計数を繰り返しても、違算の原因究明は遠のき時間だけが過ぎていきます。ここでありがちな間違いが自動釣銭機の導入です。