[警備会社] 売上金回収後の
紙幣計数を効率化する方法
[貴重品輸送業務・三号業務]

JETCHECKERコラム編集部

新紙幣発行記念キャンペーン開催中

特別価格で販売中 (2023/10/31ご注文分まで)

2024年発行新日本紙幣

警備会社における3号業務のうち、小売店などの売上金を安全に回収、入金する「三号業務 (貴重品輸送業務)」。回収した現金は事務所で計数を行っていますが、この計数業務を効率化する方法をお知らせします。

前提として: コスト削減が求められる警備会社の三号業務

前提として: コスト削減が求められる警備会社の三号業務

キャッシュレス化に伴う現金取扱高の減少、初期費用の多さ、警備員への定期的な教育、指導教育責任者の維持、警備輸送車の配備、警備輸送拠点(事務所)の配備と維持など…

他の警備業務に比べて、貴重品輸送業務 (警送) のコストが高く、業績的に厳しくなってきている理由です。警備会社から話を伺う限り、「三号業務は儲からなくなってきた」「事業の業績は厳しくなっている」という声が圧倒的です。実際に業務提携や合併などで、三号業務を切り離す、または会社ごと吸収されるという動きがあちこちで進んでいます。

警備会社として貴重品輸送に携わるのであれば、警備業法を遵守した体制づくり、人員配置、教育投資は欠かせません。しかし、警備会社同士の競争だけでも大変なのに、警備会社の規制対象から外れる、警備会社以外の貴重品輸送業務も競争相手として出現しています。例えば、バイク便会社やタクシー会社などです。

こうした会社はそもそも警備会社ではないため、警備会社が提供する安全な輸送品質と比べると圧倒的に劣るものの、「とにかく安く現金を運んでほしい」という一部顧客のニーズを満たしているのが現状です。提案してくる金額も、警備会社が提示する金額の半額、1/4といったむちゃくちゃな金額です。

こうした警備会社以外の競争相手に対して、金額を張り合っても勝ち目はありませんし、そうすべきでもありません。しかし、現在のキャッシュレス化の急激な進展を考えると、再び現金取扱高が増加するような、事業環境の好転は難しいでしょう。この前提に立つと、三号警備業務におけるコストを減らして利益を創出する努力をしなければ、事業の存続に関わるのは明らかです。

どうやって三号警備業務のコストを減らすか

では、どのようにコストを減らすかです。

まず人件費ですが、人件費は逆に上がっているという警備会社がほとんどではないでしょうか。警備会社からは、最低賃金の上昇、人手不足による採用難のため、従業員の待遇改善をしなければ、新規採用だけでなく、現在の従業員のつなぎとめも難しいという声を多数伺っております。人件費を下げる、採用のハード