[パチンコ・パチスロ店必見] ホールの紙幣計数機の費用を半額にする

「ホールコンピュータなど、これがなければホールが全く動かないものにお金を出すのは理解できる。しかし、ホールコンピューターと特に連動しているわけでもない紙幣計数機、単にお札を数えるだけの紙幣計数機は高すぎないか」。

そう思われるホールの経営者様、店長様向けに、コストをカットする方法をご紹介します。

 

 

紙幣計数機、地味に高くないですか?

多くのホール様は、ホールコンピューターで紙幣計数はほぼ完了しているかと思います。よって、紙幣計数機で行いたいことは以下の3点である場合が多いです。

・ホールコンピューターで計数した紙幣のダブルチェック(再確認)
・ホールコンピューター以外で使用された紙幣の確認(両替機、自販機など)
・紙幣を一定枚数で束ねる (例: 100枚ずつ計数して束ねるなど)

比較的新しいホールコンピューターを導入している場合、紙幣計数機に求めることはそこまで多くないのが一般的です。しかし、以下のような機能を持つ紙幣計数機を導入しようとすると、70万円以上、場合によっては100万円を超える場合もあります。

・金種を判別できる (複数金種を計数した場合に、金種ごとに分けられる)
・読み取れない紙幣があるたびにストップしない(高速で集計したい)
・一定枚数で計数ストップできる

ホールコンピューターで紙幣計数がほぼ済んでいる場合、紙幣計数機に求める機能はさほど高くありません。そうなると、紙幣計数機のコストパフォーマンスが重要になります。求める機能と信頼性を満たし、そして安価であることが求められます。

 

 

なぜ高い?紙幣計数機のコスト構造

では、なぜ紙幣計数機は高額なのでしょうか。そこには2つの理由があります。

1つめの理由ですが、原価自体が高額です。

国内大手の現金管理・紙幣計数機メーカーは、国内だけで数千人の営業・開発人員を抱えています。営業、マーケティング、開発、サポート、管理部門の人件費をまかなえるだけの価格に設定しなくてはなりません。このため、コストパフォーマンス重視の製品では、採算が合わなくなるため、高い原価設定が必要となります。

次に、2つめの理由です。メーカーとエンドユーザーの間に何社もの代理店や卸が入ります。

詳しく説明しましょう。国内大手の現金管理・紙幣計数機メーカーは、「自社で開発した製品を、販売会社やシステムベンダー経由で販売」しています。つまり、メーカーとエンドユーザーの間に1社、場合によっては2社、3社と入るため、間に入る会社ごとにマージンが乗ってきてしまいます。

機種にもよりますが、紙幣計数機の販売店は、メーカーの卸価格に少なくとも30%、多い場合は100%以上のマージンを乗せて販売します。このため、メーカーの製造原価が安い製品であっても、販売価格は原価の何倍にもなってしまうのです。

これまで、紙幣計数機は「無名のメーカーは安いがお札を数える以外の機能がない」「高性能・高信頼モデルは大手メーカーに限られ、いずれも高額」という住み分けになっており、「高性能・高信頼モデルを安価に入手する」方法がありませんでした。

この状況を変えるために登場したのが、当社のジェットチェッカーです。

 

 

ジェットチェッカーで紙幣計数機のコストを半分にする

ホールの現金管理において、主力はあくまでホールコンピューターで、紙幣計数機は脇役のような存在です。しかし、ホールコンピューターを通さずに使われた現金の計算や、ホールコンピューターで出てきた金額のダブルチェック用には紙幣計数機は必要です。

当社のジェットチェッカーは、以下の機能を備えた高性能・高信頼の紙幣計数機です。

・世界最大手の銀行やヨーロッパの中央銀行でも使用される高性能モデル
・複数金種を同時に投入してまとめて計数可能
・1分間で1,100枚の高速計数
・10枚ごと、100枚ごとのように一定枚数を計数するバッチ機能
・紙幣計数ポケットが2つ(2ポケット)のため、エラー紙幣が出ても計数を継続し、短時間で処理を完了
・お札の向きを揃える「面揃え」機能
・重量わずか10kgのコンパクトサイズ

これだけの機能がそろっている高性能・高信頼の紙幣計数機が、国内大手の紙幣計数機のおよそ半額でご利用いただけます。

・国内大手の同性能の紙幣計数機: 700,000円~
・ジェットチェッカー (日本円モデル): 348,000円

このコストパフォーマンスの秘密は簡単です。ジェットチェッカーは、中間に卸や販売代理店が入ることなく、製品を直販しているためです。このため、原価にできるだけ近い価格で製品をお届けできる仕組みです。

また、ジェットチェッカーは、日本よりも人件費は安いが、製造業の品質の高さで有名な「台湾」で製造されています。台湾といえば、パソコンやスマートフォン、メモリチップといった高性能機器の生産で有名で、一部のハイテク分野では日本をはるかに上回っています。台湾という製造業の集積地で、製品の信頼性とコストパフォーマンスを磨いた実績が評価され、ヨーロッパの中央銀行や、アジアの最大手銀行の多数で採用に至っています。

大手メーカーの紙幣計数機を、メーカーや商社に勧められるがままに買い続けるのではなく、ジェットチェッカーという新しい選択肢を検討してみませんか。