[目的別に解説します] 紙幣計数機の選び方

紙幣計数機の選び方
– 基礎知識編 –

当社で販売しているジェットチェッカーは最大18通貨に対応する紙幣計数機です。

ところで、紙幣計数機とはそもそもどういった製品でしょうか。

紙幣計数機とは何か

紙幣計数機とはその名の通り 紙幣を計数する機械 です。

しかし紙幣を計数するの意味が現場での用途や製品によって異なるため、実際には以下3種類の異なるタイプの紙幣計数機が存在します。

 
  • 枚数のみを数える紙幣計数機

  • 金種の判定をする紙幣計数機

  • 金種判定と真贋判定(偽札判定)を同時に行う紙幣計数機

 

これらはどれも同じように紙幣計数機と呼ばれますがそれぞれの機能は大きく異なるため、どういった目的で紙幣計数機を使用するかを良く考えて選定する必要があります。

これら3種類の紙幣計数機を機能比較表を見てみましょう。

 
偽札判定 金種判定 枚数判定

枚数のみを数えるタイプ

金種の判定をするタイプ

金種判定と真贋判定を同時に行うタイプ

ジェットチェッカーはこのタイプ

 

次に具体的な用途を例に、どのタイプの紙幣計数機を選定すべきか見ていきましょう。

紙幣計数機の選び方
– 目的別編 –

1. 紙幣の総額を計数したい場合

金種を判定できる紙幣計数機を選びましょう

金種とは1000円札、5000円札、10000円札といった紙幣の金額の種類のことを言います。

複数の金種が存在する紙幣の合計金額を計数するためには、どの金種の紙幣が何枚あるかを確認する必要があります。
そのため、金種を判別できる紙幣計数機である事が最低限の条件となります。

2. 紙幣を金種毎に仕分けたい場合

金種を判定できる紙幣計数機を選びましょう

現在計数している機械がどの金種の紙幣かわからないと当然金種毎に仕分けることはできません。この場合も金種を判別できる紙幣計数機を選定する必要があります。

ところで紙幣計数機を使って実際に紙幣を金種毎に仕分けていく様子をご覧になったことがあるでしょうか。

計数済ポケットとリジェクトポケットの2つのポケットを持つジェットチェッカーなら、誰でも簡単に金種毎に仕分ける事ができます。
以下の動画も併せてご参考ください。

 

 

3. 海外紙幣 (外貨) の計数が必要な場合

偽札判定 (真贋判定) できる紙幣計数機を選びましょう

日本円の紙幣と違い海外紙幣には偽札が多く存在します。
特に基軸通貨であるアメリカ ドル (USD)、ユーロ (EUR)、中国元 (CNY) の偽造紙幣流通量は多く、また偽札のクオリティも一般人が目視で確認しても判別できない非常に高度なものがあります。

外貨を扱う必要がある場合は、偽札判定可能な紙幣計数機を選ぶ用にしましょう。

 

ジェットチェッカーは世界4大銀行での採用実績に加えヨーロッパ中央銀行 (ECB) の認証をパスした、確かな真贋判定能力を持った紙幣計数機です。
特に、アメリカ ドル (USD) / ユーロ (EUR) / 中国元 (CNY) 紙幣運用現場における実績はお客様から高く評価されています。

その性能の高さは、ジェットチェッカーに搭載された以下最先端ハードウェアからもわかります。

 
  • CISセンサー

  • 赤外線センサー

  • 紫外線センサー

  • 磁気センサー

 

またジェットチェッカーは煩わしい通貨設定を不要にした自動通貨判別機能を搭載しており (※ バンキングモデルのみ)、多数の外貨を扱う現場での作業効率を劇的に改善します。

 

 

4. 仕分け済みの真券紙幣 (本物) の枚数だけ数える場合

枚数のみを判定できる紙幣計数機を選びましょう

偽札がないとわかっている金種毎に仕分け済みの紙幣を計数する場合は、枚数を判定できる紙幣計数機で十分対応できます。

このタイプの機械は価格も低い事が多く、導入しやすいでしょう。

 

紙幣計数機の選び方
– 使用頻度の高い場合 –

使用頻度が高い場合に特に便利なタイプの紙幣計数機があります

2ポケット以上を持つタイプの紙幣計数機を選びましょう

様々なポケット数の紙幣計数機

ポケットの数も紙幣計数機選定時の重要なポイントになります。
ポケットの数は計数業務の効率と作業時間に大きく影響するからです。

その理由について説明します。

金種判定・真贋判定 (偽札判定) を行う紙幣計数機はその機能上、読み取った紙幣を次の2種類の紙幣に区別します。

 
 

※ テーブルは横にスクロールします

種類 紙幣の例 紙幣の行き先
1ポケットタイプ 2ポケットタイプ

計数対象となった紙幣

  • 真券 (本物)

  • 計数中の金種の紙幣 (金種仕分けモード)

  • 計数中の通貨の紙幣 (海外紙幣モード)

計数済ポケット

リジェクト (計数対象とならなかった) 紙幣

  • 偽札 または 疑わしい紙幣

  • 計数中の金種以外の紙幣 (金種仕分けモード)

  • 計数中の通貨以外の紙幣 (海外紙幣モード)

行き先無し
計数が止まります

リジェクトポケット
計数は止まらず続行します

1ポケットタイプのリジェクト紙幣の行き先に注目してください。
行き先が無いためリジェクト紙幣を検知した時点で、紙幣計数機は計数を停止します。

計数を再開するためにはリジェクト紙幣を手動で取り出すしかありません。
1ポケットタイプの紙幣計数機ですは、リジェクト紙幣を検知するたびに計数が止まり、手動でリジェクト紙幣を取り出す必要があります。

このため紙幣の計数に非常に時間がかってしまいます。

一方2ポケットタイプではリジェクト紙幣はリジェクトポケットへ送られ、計数が止まることがありません。
リジェクト紙幣を何枚検知しても、一度の計数で全ての紙幣を計数することが可能です。

2ポケットタイプ紙幣計数機の計数済ポケットとリジェクトポケット

 

使用頻度が高い事が最初からわかっている場合は、2ポケットタイプの紙幣計数機を選びましょう。

紙幣計数機の選定に困ったらぜひお問い合わせください

実はここでお話した以外にも、ポケットの数や機械の構造によってさらに複数の種類の紙幣計数機が存在します。

紙幣計数機選定のさいはぜひお気軽にお問い合わせください。
現金を扱うあらゆる現場に精通した経験豊富な当社スタッフが、用途にあった適切な紙幣計数機をご案内します。